wordpressにプラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」を追加

ブログにホームページ制作の説明を書く時にhtmlソースを表示したい場合があります。
しかし、そのまま書き込んでもソースコードは表示されません。
ブラウザでの表示状態がブログ上でも表されるだけです。

ではソースコードそのままを見せたい場合にはどうすれば良いのか?
wordpressにプラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」を追加すれば解決します。

・まずはプラグインのページで「SyntaxHighlighter Evolved」を検索、インストールして有効化します。
・設定画面を開きます。
・一般の「ツールバーを表示する」にチェックを入れる。
・一般の「自動リンクを有効にする」のチェックを外す。
・「変更を保存」をクリックして変更を確定する。

以上で終わりです。

実際にブログ上にソースコードを表示する際には
テキスト入力で表示したいソースコードの前後に[html]と[/html]を半角で記述します。

これでブログ上にhtmlソースコードを表示できるようになりました。

このブログにfavicon(ファビコン)を設置する

favicon(ファビコン)とは、ブラウザのタブにサイト名と一緒に表示されたり、お気に入りに登録した時にサイト名と一緒に表示される小さいアイコンの事です。

WordPress4.3以降ではこのfavicon(ファビコン)の設定が簡単になりました。
設置のやり方は…
1、Adobe Photoshopで512×512 pixel以上(正方形)の画像を作る。
2、データ形式はJPEGも可能なんですがここはPNG-24で保存する。この形式は半透過対応でデザイン自由度が上がります。
3、ダッシュボード>外観>カスタマイズ>サイト基本情報内のサイトアイコン「画像を選択」をクリックする。
4、画像を選択する画面で「ファイルをアップロード」タブをクリックしてその画面に作った画像をドラッグ&ドロップします。
5、上部にある「保存して公開」をクリックで終了です。

favicon(ファビコン)の設定は無くてもWEBサイトの表示に差し支えないですが、あった方が記憶に残りやすいしイメージも良いと思います。