iPadで自炊データを読むアプリなら「SideBooks」

今回は自炊データをタブレットで読む(見る)ためのアプリを紹介します。

使用するタブレットは9.7インチのiPad。
iPadには標準で電子書籍リーダー「iBooks」が付属していますが、残念なことに右開き左開きを指定できません。日本語のタテ書き文章を読む時にちょっとしたストレスを感じます。

そこでおススメするのが「SideBooks」というアプリ。
なにより無料ですし、右開き左開き指定ができ、他の機能も豊富、動作も軽くて良いです。
AppStoreで「書籍リーダー」と検索すると見つけられますので、そこからインストールしてください。

PCにある自炊データをiPadに入れるには「iTunes」を使います。

PCに「iTunes」をインストール(無料)した上でiPadをUSB接続すると自動で「iTunes」が起動。
iPadに「このPCを信頼しますか?」という表示が出ますので「信頼する」をタップ。

「iTunes」の左上にタブレットのアイコンが出現するのでこれをクリック。

ここでPCからiPadにデータをコピーできます。
ファイル共有をクリック。SideBooksをクリック。ファイルを追加をクリックしてデータを指定(ドラッグ&ドロップも可)

これでiPadで読書可能になりました。
早速、SideBooksを起動するとホーム画面(本棚)になります。

下部にある設定をタップすると読む方向という項目があり、右開き左開き指定ができます。
これでストレスなく日本語の文章が読めるようになりました!

さらに、おススメの機能に余白設定があります。
本棚にある本を長押しするとアイテム設定画面になります。その中の余白設定をタップすると、どのくらい余白をなくすかが簡単に設定できます。これで必要のない余白表示が無くなり文字も大きく読めます。
ちなみに、こちらで個別に右開き左開きを設定する事も可能です。

あともう一つ、寝る前に布団で読むときにおススメの設定です。
個人的な好みもありますが、黒文字と紙の白を反転表示の設定をすると眩しくないですよ。
iPad > 設定 > 一般 > アクセシビリティ > ディスプレイ調整 > 色を反転 > 反転(スマート)をクリック。
マンガには向かないかも知れませんが文章には良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です