喪中はがきの印刷

喪中はがき印刷を紹介します。

喪中ハガキとは、家族や親族が死去したために喪に服しているという事をお知らせする挨拶状です。
主に年賀欠礼の意味合いが強く、相手が年賀状を書く前(10月下旬~11月~12月中旬)に送ります。

喪中はがきを出せなかった場合や出していない方から年賀状を頂いた場合は、松の内があけてから「寒中見舞いはがき」をお出しすると良いと思います。

喪中はがき印刷は文章の内容も選択いただけますし書体も選べます。
官製はがきと私製はがき、背景デザインもお好みのものを選べます。

千葉県富里市近隣のお客様、喪中はがき印刷は当店にお任せください。
お急ぎの場合はスピード仕上げ、更には宛名印刷も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です