iPhoneのバッテリー診断

当店の新しいサービスとしてiPhone修理(バッテリー交換)を始めました。

バッテリーは消耗品ですので劣化すれば交換が必要です。
消耗の度合いや不満の感じ方は使い方や人によっても変わりますが、減るのが早くなったと思ったらアプリでチェックすると良いと思います。

そこで今回は無料アプリでのバッテリーチェックを書きたいと思います。

「バッテリー診断」とアプリ検索しますと現在1番目に出てくるのが「Battery Life」です。

早速、私のiPhoneSEにインストールしてして使ってみます。


バッテリーの消耗状況は「とても低い」と出ました。


左にフリックすると「予想稼働時間」「詳細情報」「履歴」等が見られます。
詳細情報に表示される容量が80%になると、100%に充電しても新品の時の80%しか使えないという事です。

私のiPhoneSEは容量の劣化が少なくて良好な状態でした。
もちろんこの状態ではバッテリー交換の必要はありません。

このアプリを使って数値が悪かったとしてもご自身がバッテリーの持ち時間に満足していれば交換の必要はないでしょう。
少し不満を感じていて参考のためにチェックしたい方におススメのアプリです。
Apple純正のアプリではないので数値も完全に信頼できるとは思いませんが、参考にするのは充分に使えるアプリだと思います。

年賀状のデータ化

みなさん年賀状はどうしていますか?

多くの方は頂いた年賀状を年別に保存している方が多いと思います。
アルバムに入れて見やすくしているかも知れません。
でも枚数が多かったり多年分を保存するとなると手間やスペースが必要ですね。
処分したいと思ってもせっかく頂いた年賀状ですし、甥っ子姪っ子の小さい頃の写真入りなど残しておきたい物もあります。

そこで年賀状データ化サービスを紹介します。
これは保存中の年賀状を全て電子データ化するサービスです。
仕上がりは画像データと宛名データベースとなり、元の年賀状もそのままお返しいたします。

大切な年賀状も経年劣化なしでスペースも少なく保存できます。
宛名データベースはご自身のプリンター出力にも使えますし当店での宛名印刷サービスにも利用できます。